これは責任の割合決定する時に重要な証明とできるので

突然遭遇してしまうのが事故です。80-10-21

この場面でどんな行動するかによって、車の保険料の支払いも全く変化する場合も想像されますので決断力と対策が不可欠です。80-19-21

予想外のアクシデントに遭遇して気が動転してしまえば事を見逃してしまいあなたがかなり大きな損を被るケースも考えられるので交通事故を起こした時には以下の処理をしましょう。80-18-21

事故をしてしまった状況で一番にする必要があるのは重軽傷者がいるかどうかの確認です。80-9-21

交通事故直後は虚脱状態になってしまう場面がありなかなか行動を起こせないのが当たり前です。80-15-21

その場合、負傷者がいた場合には危険ではない場所に運んでから処置して、周囲に助けを求める等負傷者の優先に努める必要があります。80-20-21

救急車を呼ぶ場合は適切な事故の場所を知らせ分からない場所では辺りの目に留まったスーパーや交差点名を連絡してその地点が分かるようにします。80-7-21

次に警察署に電話して交通事故があった旨さらに現状を連絡します。80-12-21

救急車と警察が来るのを待っている時に相手の身元を調べます。80-16-21

姓名、電話番号、免許証、ナンバープレート、事故の相手の自動車保険の会社名など自分だけでなく相手の内容を交換します。80-2-21

特に事故の相手に過失があるような状態では、事故現場でやりくりしようとする場合が考えれますがすぐに片付けるのではなく、どんな風な状態であれ警察や保険屋さんに連絡して正しくチェックしてもらうようにしましょう。

各々の情報を教えたら車のさまたげにならないように障害となる物を路上から除去します。

もし邪魔な物が他の障害物になっている場合には、互いの情報の交換をする前にその対応をしても問題は起こりません。

そして自分自身の加盟している自動車保険会社に連絡して自動車事故が起こった事を電話します。

車の事故から特定時間の内に自動車保険会社に電話しておかないと交通事故の保険の適用除外にされる場合も想定されますので遅れることなく電話をすることが大事です。

可能であれば事故の現場の様子としてカメラや携帯のカメラなどで現場や車の壊れた箇所が分かる写真をを写しておきます。

これは責任の割合決定する時に重要な証明とできるので、あなたの愛車や相手方の自動車の破損を正確に写真に残しておきましょう。

この状況で目撃した人がいれば警官や保険屋さん来るまでその場に待って頂けるように頼むのも忘れないようにしてください。

Copyright © 1996 www.mini-mama.org All Rights Reserved.
80-17-21 80-8-21 80-4-21