www.mini-mama.org

クルマを所有する方であれば知っているはずですが、自動車税という税金が課税されます。そしてこの税金は査定に出す中古車の買い取り時に当たり前に還ってくるのです。これについては実行したら頭に入ってくると思いますが、では最初から流れを説明しましょう。一応補足しておけば、国産で生産されている自動車だけに限らずドイツ車などでも自動車税が返還される対象になってきます。自動車についてもそうです。自動車税というのは車を所有している人が支払う税で、税額はそれぞれの排気量により決定されます。1リッターより小さいのであれば29500円で、1リッターから1.5リッター以下の場合34500円になります。これ以上は500ccずつ5000円が乗ってきます。この税金は4月1日時点の保有者がその年度の全額を納める定めとなっています。前払いということですから勿論車を買取してもらって所有権を失った時はその分の金額は返還されるというわけです。この自動車税は先払いでその年度のお金を支払うのでその翌年3月までの間に自動車を売却した場合には新たなオーナーが税金を納めなければいけないということになります。売却相手が買取専門業者ならば売却時に自分が支払いすぎた税金を返金してもらえます。まとめると所有権が移転された時以降の税額は権利が移った保有者が支払わなければならないのです。もしも自分が10月にクルマを買い取ってもらったなら、11月から次の年の3月中までの自動車税は返金されます。というのは前も述べた通り自動車税は一年分を先に支払っているという事実によるものです。つまり前所有者は売却先に自動車税を返してもらうということなのです。業者を介さずに愛車を売買する際に結構このような大事な事実を忘れている方がいますため、ぜひ確認をとるようにしましょう。自動車税が車の売却で返金されるという事実をあまり知っている人が少ない事を利用してそれを言わない買取業者もあります。自分から返金について話を切り出さなければ、全く税金のことに触れないというケースも結構聞きます。そのためクルマの売却をする際には、税金が返ってくるのかどうかの確認を忘れないようにしてください。

Link

Copyright © 1996 www.mini-mama.org All Rights Reserved.